スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯揚げのアレ?

  • 2014/09/25(木) 16:27:18

帯揚げのしまい方画像クリックで拡大出来ます。

さて皆さん、帯揚げの収納法でお悩みではありませんか?
実は本業で和装小物を扱う僕でも悩んでいたんです。

先日も小物メーカーのNさんと
「一遍に多くの商品を見てもらったら後の整理が大変」
「お好みの色にたどり着くまで何枚の広げるので後の整理が!」
「混んでるときに『帯揚げ見せて』って言われたら困るよね~」
なんて話して盛り上がっていたのですが、そこに居合わせたお得意さんが一言。

『クルクルって巻いたらアカンの?』
僕「・・・・」
Nさん「・・・・」

で、モノは試しとばかりにやってみました。
それが上の写真なのですが、結構見やすくないですか?
って言うか、かなり好評なんですよ

半分に畳んだ帯揚げをただクルクルと巻き込んでいって、種類ごとに並べると
見やすい収納の完成ですww

このやり方、非常に便利でイイのですが実は弱点があります。

①余りきつく巻き込むとしわが出ます。
ですから、直径4cmくらいまでにとどめて下さい。

②そして、重ねて置くとシワになります。
だもんで、重ねないでください。

③思ったより収納スペースを取る
タンスが深い時は薄い箱を重ねるようにしましょう


でもね、利点が多いんですよ
どんな色を持ってるか一目瞭然。
帯やキモノに合わせやすい
③仕入れでダブったりしにくいww。

収納方法を変更して2ヶ月ほど経ちますが満足度100%です。
今までお悩みだった方は是非挑戦してみて下さい♪



おめでとうございます!!

  • 2014/09/22(月) 16:23:33

ふと、お客さんが持ってきた神戸新聞の片隅に見つけました。
宝塚在住の民謡歌手 翔田ひかり(しょうだひかり)先生が
北海道で行われた全国 江差追分 コンクールで見事優勝なさいました^^

翔田ひかり先生は地元では結構有名で「民謡界のタカラジェンヌ」
なんて呼ばれる事もある方なのですが、実はわたくし若゛旦那と同世代なのです~♪
しかも、先生の会派の新しい制服は実は私がデザインしたものなんですよ~!
明るいブルー地に白のカラーは先生の御指定です。
あ、どっかに写真でも無いかな??・・・探しときます。

同じ民謡仲間としてこれからも応援してますので
(歌唱力は天とマリアナ海溝くらいの開きがあります。)
ぜひ頑張ってほしいですね~

悩んでいます

  • 2014/09/20(土) 11:49:46

宝塚きもの倶楽部でお出掛けを企画中なのですが
ぶっちゃけ

何処かイイ所ないですか!?

京都は結構いろんな所へ行ったし
奈良も同様。

大阪は箕面くらいしか思い浮かびません(もう行ったんですが)

余り歩かないところで、もみじが良くって
美味しいお食事処があって、宝塚から1時間半くらいまでで
見どころが二か所くらいあると嬉しいのですが・・・
あ~何とかしてよォ どらエモーん!!

柄足し完成~♪

  • 2014/07/28(月) 17:59:15

先日画像をアップしていた振袖が染め上がりましたのでご報告です^^
最初はこんな感じで柄の無いところが目立っていたのですが

1397987321845.jpg1397987321254.jpg
染め屋さんで柄を追加してもらいました
som3.jpg
こんな感じで染めてくれたので違和感なく柄がつながっているように見えますね
さすが!といえる職人技です。
この後は筋消し加工を行って、線も完璧に消しちゃう予定です。
これでこのお振袖も現役復帰です。
ちなみに柄足しの加工賃は
洗い・筋消し・柄足し・裄だしのすべてで4万円になりました

きものの裄だしでのあれ?

  • 2014/06/23(月) 14:02:20

1397987321845.jpg
ウチのお店は商売柄、お直しのご依頼をいただくことが多いのですが
このキモノもそのうちの一つです
(画像は袖付部分のアップ)

裄出しでお預かりするときに注意が必要な点は4点あります。
①生地幅が十分にあるか
②柄が必要な巾まできちんと染まっているか
③消えないコテ痕やスジが無いか
④生地の焼けによる変色が無いか

①に関してはきものをほどく前に上から触っても解るのですが
柄や変色など解いてみないと解らないものが多いのが難点です。
上の写真のお着物は生地幅は十分にあるのですが
やはり柄が綺麗に合いませんねー(><)
図柄が生地の端まで染まっていないので、
明らかに裄を出した形跡が残ってしまいます

昔は背の高い方が少なかったので生地幅一杯まで染めなくても良かったのですが
現代の日本女性は身長が160cm超える方がたくさんいますので
生地幅一杯まで染めるのが普通です。
(生地幅自体も広くなってますしね^^)

ま、とりあえず、もうちょっと柄が無いと見栄えが悪いので
少し染色補正師さんに頑張ってもらいましょう!
このキモノが戻ってきたら追加報告致しますね~

活動報告~

  • 2012/07/11(水) 18:35:52

宝塚きもの倶楽部の件で結構忙しい日々を送っています^^
取りあえずの活動報告をまとめてお伝えいたします。
春の部
・京都東山庭園の桜めぐり
・京都みやこおどりと桜見会
・ホタル鑑賞ツアー(少人数企画)
・淡路島でバーベキュー(若い人限定ww)
夏の部
・有馬温泉きものパーティ(一般募集なし)
そして、8月には貴船の川床料理と散策を予定してるんです。
・・・やっぱり忙しいですゥ><

お出掛けしませんか?

  • 2012/05/12(土) 13:58:42

皆様ご無沙汰いたしております。
若゛旦那でございます。
実は、この春から「宝塚きもの倶楽部」という組織を立ち上げました。
さて、この倶楽部。実は大した事はしないクラブなのですww
ただ単に、年に数回ほど「きものを着てお出掛けしましょう」
というだけのお手軽なクラブ活動なんです。

今まで、うちのお客様や、友人達から
「どこか遊びに行こうよ~」と、お誘いを受けていたのですが
仕事上、時間の都合がつかなかったり、
結構着付けの時間が無かったり、
道中の移動が大変だったりしたので
中々、さあ行きましょうか!とまで行かなかったのです。
でも、今回、きものクラブを立ち上げるにあたって
いろんな方のご協力も頂けたので、
何とかスタートすることが出来ました。

4月には会員数も20人を超えましたし
いろんな問題も解決できたのでホントにうれしいです。
めんどうな着付けは、会員同士の助け合いで何とか出来ますし
移動手段はマイクロバスを借りることで何とかこなせます。
行き先の設定は会員さんたちのリクエストから選ぶだけになったので
この先も続けることに不安はなくなってきました^^
これも会員皆様のおかげですね

明日からしばらく、きもの倶楽部の活動実績や
会則などもご紹介させていただきますね^^

あけましておめでとうございます

  • 2011/01/04(火) 16:27:58

あけましておめでとうございます
本年も今日1月3日より本業とともに
このブログも再スタートです・・・
とは言っても頻繁な更新ができるかどうかは非常に不安なところですが
今年は積極的にネタ集めを行う所存ですので
どうか皆様よろしくお願いいたします。

さて、このキモノ業界・・・実は氷河期並みに冷え込んでおります。
販売の低下もさることながら、技術の継承がどうもヤバいようです
少しでも着物にご興味のある方。
「買って下さいとは」いいません!
その代わり、是非「着て下さい!」
着ることによってキモノの良さを宣伝していただけると
非常にありがたいのです。

伝統工芸の継承と文化保護のために
何卒、お願いいたしますm(??)m

きものブログですので

  • 2010/11/15(月) 16:54:19

キモノぶろぐですので着物について久しぶりにww

昨日久しぶりに問屋のOさんの所に行ってきました
このOさん。僕が師匠と崇める目利きです。

秋の紅葉シーズンになると良く混みあうこの界隈も
今日は渋滞なく目的地に到着です。

Oさんのお店はさすがに良い物が置いてあります
入ってすぐに嵯波理(さはり)の帯が二点。
一時期流行った緑系ではなく紫系の綺麗な帯です。
一竹辻が花のきものとよく併せて売っていたのもこういった風合いでした。

色々とお話しするうちに出てきたのが藍染の本結城
奥順という結城の元締めのところで仕入れたものですが
奥順の市販価格で2700万円が付いていた160亀甲の逸品でした。
「もうこんなの作れませんな?」といわれて納得の出来のよさです。
バブルの頃ならば良い物を作ればすぐに売れたのですが
今は高いものを作っても、誰も見向きもしてくれないそうで
この結城もOさんの所で3年以上眠ったままだそうです。
職人が食べていくために、売れる程度の品ばかり織っている今日。
もうホント見れなくなるかもしれないですよね?

因みに、男物のアンサンブルも160亀甲がおいてあるのですが
こちらは「大川さんどないですか?」と聞かれても困る代物。
マンションほども値段のするキモノを作るほど儲かってませんww

こうして若い人にも色々な上等の品を見せて教育してくれるのが
この問屋さんのすごい所。
他にも、正雪英の本人の作品。初代 松井青々(まついせいせい)の振袖・・・
今回も勉強させていただきました。
因みに今回仕入れたのは
結城紬100亀甲とび柄
黒共名古屋帯3本などなど。
引退せずに頑張ってくださいよ!師匠!
それと又、安くしてくださいね?

魔性の・・・

  • 2010/11/05(金) 13:45:14

うちのチビたちは今保育所に通っているんですが
その保育所にお一人、上品な先生がいらっしゃいます。
この先生、関西地区出身ではないのか、言葉遣いも非常に丁寧です。
他の先生が「そんなことしたらアカンよー」というところを
『?さん、お友達が嫌がることはしないようにしましょうね』と非常に上品。
当然ながら父母からの受けは非常に良い方なのですが
先日、子供たちと話していると意外な反応がありました。

保育所に向かう道中、例の先生についての会話になると
ムスメいわく「あやチャン、あの先生嫌いやネン!」と、意外な言葉。
何故だか気になったので聞いてみると
「あの先生はいちいちうるさいし、マショウノ先生やネン!」

魔性!?その先生の清楚なイメージからは程遠い評価に戸惑ったのと
いったい何が魔性なのか知りたくなったので聞いてみたんです。
すると
「あの先生すぐに怒るネン。」
「本でな、いちいち言うネン。」
『あやさん、悪いことしたら謝りましょう』とか
『ご飯は、きちんと座って食べましょう』とか
「そやからお友達が言ってん
『なんか?ましょうばっかりやな!、マショウノ先生や!』って」

そこかーw(0o0)w!!
しばらく笑いが止まりませんでしたww
子供の発想に驚かされました。

しかし不憫なのはその先生。
関西以外の地域にお勤めならこんな不名誉なあだ名なんて付かなかったのに
お勤め先が悪かったとしか言いようがありません
心よりお悔やみ申し上げます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。