スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胴裏の黄ばみが!

  • 2008/01/31(木) 08:48:13

一番多いご相談ってコレなんですよ
胴裏の黄ばみ
ひどい時には黄ばみを通り越して茶色くなったり
星が飛んだ様に丸くシミが出たり・・・

皆さんの心当たりありませんか?
これ、いまどきの新しいきものは余りなりません。

なぜ?
絹の生地は通常重さで取引されるんですが
(1反何グラムって表記されています)
重いほど良いってされています。
で、昔々・・・といっても15年位前までは
胴裏地を重くするためにわざわざ糊を多く含ませていたんです。
で、何が起こるかというと
この糊にカビさん達が住んでしまうんです。
「ワーイ!ご飯付きの家だ?♪」って感じで。

ですから、胴裏はいつの間にかカビ達がコロニーを形成して
茶色くなって、丸いシミが出来てくるんです。
で、さらにそのまま置いておくと、着物の表地や
他のお着物にまでお引越しして、増えていきます。

解決方法は3っつ在ります

1、胴裏交換する
洗い張りをして新しい胴裏に変えて仕立てます。
最もお金の掛かる方法ですが、最も確実!
2、カビとり加工に出す
薬品を使ってカビとりをしてもらいます。
胴裏の交換ほどの代金は掛かりませんが
胴裏の汚れは落ちないので現状維持に近い加工。
汚れが少ない時にお勧め。
3、諦めて処分する
1番お金も手間も掛からないのですが・・・
表地にカビの影響がない時は、胴裏だけ解いて
単衣に変えたりも出来ますね。

こうならないための予防法もあります。

1、着ないきものでも年に1度は風に当てる。
時間がない時は箪笥の引き出しを開けるだけでも結構です。
湿度の低い日を選んでください。
2、箪笥は壁から少し離して置く。
壁にピッタリつけていると結露の被害にあいやすいので
少し離して、空気の通り道を作るのが良いようです。
3、きものを着た後は必ず陰干しする。
着用後のきものは結構汗なんかで湿っています
湿気を飛ばしてからたたみましょう!
4、かび臭くなった畳紙(たとうし)は交換する。

コレだけ守れば胴裏がカビの住処になるのは
結構防げるはずです。
楽しいきものライフのためにもお手入れは大事ですよ?♪
余計なお金も掛かるしね(^^)A

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

はじめまして

いつもこっそり拝見しておりました。
何分着物が好きになって間が無い物ですので、読む度勉強させて頂いております。
着物が好きになったという話を聞いた知人から、最近たくさんの着物を頂きました。
ほとんどがウールなのですが、幾つか畳紙に包まれた絹物がありまして、紙の表面全てにビッシリと茶色い染みが・・・。紙に接していた白い着物の袖やお尻の辺りに、薄らと同じような染み。
慌てて畳紙を取り替えましたが、なんとも可哀相です。
大事に畳紙に入れて仕舞いっ放しにされていたのが逆に仇となったようです。
ただ仕舞っておけば良い物ではないのですね。

ウールは丈が短いのですが、勘を頼りに裄出しをして、お家着として毎日着ておりまが、
丈出しだけは素人には無理なようです。
友人のお母様がお嫁に来た時に着ていた着物だそうで、着物は大事にすれば、こんなにも長く使えるのだと実感しております。
これからも色々勉強させて下さい。

  • 投稿者: みつる
  • 2008/01/31(木) 13:15:25
  • [編集]

和w

はじめましてw
 足跡からきました
(*´∀`*)わたしは
 和風なものが
大好きで着物にも
 興味があるので
いろいろ学べたらいいな
 と思います。

  • 投稿者: 106(とむ)
  • 2008/01/31(木) 20:19:56
  • [編集]

ジャストタイミングっ!

丁度、先日着ていた結城紬も胴裏のダメージがヤバくなってきたので
着物屋さんにお預けする予定になっていたのです
状態は、薄く擦り切れて破けてきた部分があるのと、黄ばみですね…
リサイクルで買ったのでやはり何年も前のものかと思うのです
結城なのに最初から風合が柔らかく良いものであったので
胴裏交換は、やはり洗い張りしないと出来ないものなのですか?

  • 投稿者: 志乃
  • 2008/02/01(金) 14:10:10
  • [編集]

みつるさん初めまして!

お出かけ着でない実用着物は
お金を掛ければいいってもんじゃありません
自分で出来るだけ直していくのが本道です。
無理せずに楽しんでください。

丈の短いきものは、無理に直さずに
おはしょりのところで、縫い上げると
対丈で着ることが出来ますよ~♪
着易く、おはしょりもそれらしく見えるので
一度お試しください。

  • 投稿者: 若゛旦那
  • 2008/02/01(金) 17:22:45
  • [編集]

106さんこんにちわ~

色々本業のきもの以外のことも
うるさく書いていますので、
又気軽に寄って下さいネ。

  • 投稿者: 若゛旦那(ばかだんな)
  • 2008/02/01(金) 17:33:26
  • [編集]

ジャストタイミングですか

結城というと、立涌のがらのやつですよね!
アレはいい柄です~♪

胴裏交換されるそうですが、腕のいい仕立て屋なら
胴裏だけでも実は交換できます。
でも、いまひとつ仕上がりが悪くなることも在るので
お金を掛けたくない方向けの方法です。

結城は着始めは硬く、着慣れると風合いが良くやわらかくなるんですよね~
一度洗い張りすると生地目も通って新品同様にシャキッとしますよ
(やわらかい風合いのままで)
今度結城について書きますね~乞うご期待!

  • 投稿者: 若゛旦那(ばかだんな)
  • 2008/02/01(金) 17:49:28
  • [編集]

そうなんだ~

胴裏の黄ばみは、のりが原因なんですね。しかも昔はわざとなんて。
リサイクルでは真っ茶色になってしまった胴裏も見かけます。表にはほとんど出ていなくても、そういうのは、格安で売られていたりします。
私的には、ありがたいんですけど。少しくらいは気にせずに、ひどいときは全部とって、単衣にして着てます。

  • 投稿者: ゆきんこ
  • 2008/02/01(金) 18:05:20
  • [編集]

ゆきんこさん こんにちわ

そうなんです
ひどい話でしょう?
今はそんなことすると後でえらい目に
遭うことが判ってきたのでしませんが・・・

単衣にされるのが一番賢い方法だと僕も思います。
柄行きにもよりますが(^^)

  • 投稿者: 若゛旦那(ばかだんな)
  • 2008/02/01(金) 22:07:48
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。