スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着物の素材の調べ方

  • 2007/12/24(月) 13:41:04

うちのお店にもよくこんな質問があります。
「この反物の素材は何ですか?」
この質問には多くの場合こんな意味合いが含まれています
「このきものだって言われたけど騙されてない?」

ご心配は分かります。
最近のリサイクルショップなんかでは表記が怪しいものも多いです。
ただし、でも安いものもありますから、化繊と偽って
売るなんてことはまず無いでしょう。
店の信用を賭けるほどの価値の無い偽装はしません。
間違いがあるとすれば勘違いか、単純な付け違えくらい。

でも化繊物ではお手入れの仕方も違いますし
この二つは比較的見分けやすいので
簡単な見分け方をご紹介します。

まず、着物の横糸を一本引き抜きます。
出来れば、表に影響の出ない袖下の縫い目や
裾からのほつれ糸があるとベストです。

抜いた繊維をライターなどの火にゆっくりと近づけます。

化繊なら  溶けるようにちぢれて丸くなります。
       勢いよく燃えることも在りますのでゆっくり行ってください。
       ビニール袋を燃やしたような刺激臭があります
ウール 丸まって燃えて玉のような炭が残ります。
       隅を握ると粉になって崩れます
       髪の毛が焼けるような匂いがします。
など   ゆっくり燃えて灰になります。
       燃えた灰は手ですり潰しても何も残らないほど細かい。

ウールの見分け方ですが、
僕は軽いウールアレルギーがあるので
触って気持ち悪く汗をかくのがウール
って一般的ではないですね(^^)

繊維の状態で見るのが一般的ですが、
絹糸は繊維が真っ直ぐで長いのに比べて、
ウールは短くてちぢれ気味って感じですが
あまり簡単な話ではなくなってきましたねm(--)m
すみません、

しかも混紡(色んな素材が混じったもの)や、
縦糸と横糸で使っている繊維の違うものもありますし、
細かい素材の違い、苧と他の素材なんかは
繊維試験場にでも持ち込まないと判別が付かないものも・・・
どうしても、やっぱり分からないものは専門家に聞いてください
って締りが悪いな?

あっ、そうそう!
くれぐれも火の扱いにはお気をつけてくださいね。
それと、無理に繊維を抜こうとして着物を傷めたりしないでくださいね

追記です
この記事を読まれた方で
火傷をしそうになった方がいらっしゃいます
火を扱う際にはくれぐれもご注意下さい。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

こんにちはー♪
感激ですっ!!(☆Д☆)!!!
お忙しいだろうと自粛していましたが
繊維、着物の素材について、
来年落ち着いたあたりにでも、是非記事にしていただきたいと思っていました
テレパシー(笑)??
嬉しいですっO(≧▽≦)O
とっても勉強になっちゃいましたー♪
なぁーるほど…1つ素材不明な着物があるので試してみようと思います
ありがとうございますー m(_ _"m)

  • 投稿者: 志乃
  • 2007/12/28(金) 13:01:05
  • [編集]

まいど!

志乃さんこんにちは
年末でお忙しいのに
丁寧なご訪問有難うございます。

素材のこと、もっと詳しく書きたかったんですが、
時間が無くって・・・
今度又補足を入れる予定をしていますので
余り期待せずにお待ち下さい。

  • 投稿者: 若゛旦那(ばかだんな)
  • 2007/12/29(土) 10:36:23
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。