スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お宮参りのあれ?

  • 2008/10/11(土) 16:41:14

七五三シーズンが近づくにつれ、ウチのお店にも
多くのキモノがお直しや、身揚げのためにやってまいります。
今回のキモノもこの中の一つなんですが・・・
画像 001
ちょっと見えにくいですが、背中の所にこのようなカラフルな糸が縫い付けてあります
糸の本数は5本。厄除けの七色ではないようです

以前もお客様持込の初着で見た事があったんですが、
これっていったい何!?
ネットや本ででお宮参り厄除けについて調べてみたんですが
該当する記述はなく、困っていました所
当店の大御所、頼りになる和裁の先生が登場しました。
「センセ、(先生の意、関西弁。)コレなんです?」
「ああコレ!懐かしいね?」 さすがにご存知の様子です。

先生によると、この飾り縫いは「小紋を晴れ着に格上げする為に附けるんよ」との事。
現在のお宮参り用の初着(うぶぎ)は絵羽模様になっていて
総柄の小紋だと格が落ちるので『コレは晴れ着ですよ』と目立たせる為に
つける飾り縫いだそうです。そういえばこのキモノは小紋柄でした

さすがは、先生!助かりました。
しかし、いろんな事があるな?
もう十年キモノ屋をやっていますが日々勉強!
教えられる事が多いですねェ?♪
・・・だから飽きないんですが(^^)

ところで、この話本当なんでしょうか?
確かめる術もないので信じているんですが、
もし、違うよ!という情報がありましたら教えてください。
もし間違って覚えると後が大変なので・・・
宜しくお願いいたしますm(ーー)m

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

へぇ~

そうなんですか。
おもしろいですね。

でも、格上げのための飾りにしては、縫い方が適当というか、しょぼい感じですね。
もし見かけたら、糸が出てますよって、取ってしまいそう。(笑)

  • 投稿者: ゆきんこ
  • 2008/10/11(土) 17:40:47
  • [編集]

はじめまして、とんぼと申します。

縦に縫ってあるように見えますが…。
縦と斜め下に向かって??
もし縫ってあるとしたら、その「格上げ」と
もうひとつは背縫いのかわりの背守り。
大人の着物は、背中の縫い目が、
魔の入りを防ぐ、といわれていて、
一つ身は背縫いがありませんから、
魔物に魅入られないように、
「ここが背縫いだよ、とじてあるよ」と
みせるためのもの、と教えられました。
古いこどもの着物は、祝い着でなくても
この「背守り」やちりめん細工の
干支や宝物がつけられている場合も
ありますね。

  • 投稿者: とんぼ
  • 2008/10/11(土) 20:58:57
  • [編集]

ゆきんこさん ご無沙汰です

中々ご訪問も出来ないのに有難うございます

確かにすこししょぼい気もします
僕も、第一印象は「何コレ?」でしたから・・・

色んな地方や、宗派?によって習慣や風習は変わるので
よく解からないものが多いのは仕方ないんですが
なんか、意味はあるンやろうな・・・と
考えています(^^)

  • 投稿者: 若゛旦那
  • 2008/10/12(日) 16:38:27
  • [編集]

とんぼ様

コメント頂くの二回目ですよ~!ありがとうございます

背縫い替わりとは中々鋭い考察ですね
確かに、初着は一ツ身なので最もピッタリ来る解釈です。
「背守り」と言うんですか勉強になります!
処でコレって地方色の強いものなのですかネ?
この辺りでは余り見かけないものなので・・・

  • 投稿者: 若゛旦那
  • 2008/10/12(日) 16:42:58
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。