スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒くなってきましたねェ

  • 2008/12/20(土) 17:47:56

画像 013
大阪と言えばたこ焼きらしいのですが
僕も、大阪出身なので大のたこ焼き好きです
寒くなってくると恋しくなるんですが
昔は10個100円位の手軽なおやつでした。
今はずいぶんと値上がりしているようで一船400円とかするんですよね?
ちょっと、子供が買うおやつからは遠い存在になりつつあるようです。

上の写真は最近大阪で人気の高い「あほや」のたこ焼き。
昔に比べると大きいし食べ応えもあるんですが、
もっと小さいのが好きですねェ
爪楊枝で突き刺して落ちにくい位なのがいいんですよ(^^)

処で、このたこ焼きウチの子供たちも大好きなんですが
4歳の上の子は「この硬いの嫌い?」と
たこをほじくり出しては外だけ食べます。
挙句の果てには、ソースと鰹節だけ掬い取っては食べる暴挙に出ます。
おとうとクンは大人しく食べるのですが、極度の猫舌で
すっかりほぐれてバラバラになった元たこ焼き状のものをゆっくりと食べます。
食べ方も人それぞれですね(^^)

処で、先日大阪市内で安いたこ焼き屋を発見!
いまだに10個100円だったので思わず買ったのですが
懐かしい小さめのたこ焼き!
嬉しくなって、その場で食べてたんですが、ふとした違和感が

・・・・・・・

タコが入っていません!
替わりに歯ごたえ重視でコンニャクが!
思わず「オバちゃん!なんかコレ、タコが入ってヘンねんけど?」
(標準語訳 : 「おねえさん!何故だかタコが入っていないように思うんですが・・・」の意)
と聞くと店主?とおぼしきオバちゃんが
「今時100円でタコが入れれるかいな!」
(標準語訳 : 昨今の物価を考えてみてください。
10個100円と言う安価で、タコを入れたたこ焼きが作れるとお考えですか?)

と何故か逆切れ状態・・・
オバちゃんの思い切りの良い口調に思わず笑ってしまいました
「ホンマやなァオバちゃん!」
(標準語訳 : 「全く、そのとうりですねェ。ご店主。」くらいの意)
と、その場は納得して帰ったのですが
暫くして釈然としない思いが湧いてきました

そもそも、「タコの入っていないものがたこ焼きを名乗ってよいのか?」と言う疑問です。
見るからにたこ焼きの姿形なので他になんと呼べばいいのか?
タコの代わりにコンニャクが入っているから「コンニャク焼き?」
コレでは売れそうにありません
かといって「タコなしたこ焼き?」も何だか本末転倒気味
いいネーミングが無いものかと、勝手に考えています。

スポンサーサイト

シブフダ

  • 2008/12/15(月) 16:19:17

画像 011
「シブフダ」ってご存知でしょうか?
渋札と書くのですが、上の画像がそうです↑
生成りの和紙で出来た札で加工品に添えて
「このキモノはこういう加工をしてください」
と言う指示書きをなくさないようにキモノに結わえておくんです
表にはウチの店名と加工番号、
お客様のお名前と悉皆業者のマークが入っています。

ウチの店でも使っていますがお客様に渡すときには取り外してしまいますので
お客様が目にする事はあまり無いモノですね
右のフダは「衿汚れ落とし」
左のフダは「衿袖口汚れ落し」「丸洗」
       「袖、上前他全体浸み落とし」
     にさらに追記で
       「全体雨型、汗オトシ」
見るからに手間とお金の掛かる加工のようです。
      
ここで、気になるのがフダ下部にある「シク64」「オ33」「オ59」の表記。
コレは加工業者の符丁です。
そうなんです、色々な作業が細分化されている京都では
このような細かい作業も専門職種があるんですョ

この中で「オ33」は丸洗いの専門業者の符号。
で、「シク64」は必然的に浸みオトシの業者で腕の良い所。
「オ59」はどうやら衿拭きなどの簡単な加工の業者のようです。
画像 012
では、この「バッテン」マークは何でしょう?
ヒントは右についている付箋

付箋には「樹脂五分につき完全に落ちません」とあります。
コレ実は染めた色がお客様の気に入る仕上がりでは無かった為
「X」・・・つまり「取り消し」
で、漂白加工されたものです。
よく見るとシブフダも漂白されて白い所があります。
この後、もう一度染め直しが行われます

こんなフダでも見てみるといろんな事が判るんですねェ
皆さんも、もし見つけられたら注目してみてください
加工の歴史が解かるかも!

今年最後のお弁当♪

  • 2008/12/10(水) 11:18:19

画像 010
ココ宝塚の保育所には月に何度かお弁当日
と言うのが存在するんですが・・・
コレは今年最後のお弁当(x x)
はしゃぎまわる子供達を牽制しながら
朝ごはんを食べさせ、お弁当を作るんですが、
当然自分が食べる時間もなく、
バタバタと朝の時間が過ぎて行きます

それでも時間ギリギリに何とか子供達を着替えさせて
無事保育所にたどり着くと下の子(2歳半)が
お弁当を抱えたまま保育所の廊下で大転倒
三メートルほどにわたって弁当の具をぶちまけてくれました

保育所の廊下を掃除しつつ泣く子をなだめて
「すぐに作って持ってくるからな?」と、自宅へ走り
僕の弁当用に取っておいた具材で作り直したんですが、時間切れ。
僕は朝ごはん抜きで、仕事に5分の遅刻
後片付けもせずに家を出たので帰るのが嫌になっています。

まあ、こんな日もありますよね

kittyキティー

  • 2008/12/06(土) 13:20:52

画像 009
拡大してご覧下さい

仕入れに行った問屋で発見したんですが
右は袋帯、左は御召ですが・・・
ご覧のとうり「キティー ちゃん」です

最初の印象は「なんちゅうモンをつくっとるねん!」
でしたが、問屋のTさんと色々とお話していると
結構、コレが売れているとか・・・
キモノにも遊びを!
って僕もよく言うのですが
まさかキティーちゃんがお目見えとは・・・

伝統と格式を破壊したコラボレーションも
閉塞感漂うキモノ業界には必要なのかもしれません
画像には写ってませんが他製品に加工を禁ずると但し書がありました
さすが天下のサンリオです

で、最後にもう一度見ましたが、
「なんだかな?」って感じでした
みなさん、どうですかこんなのは?
ウチは仕入れていませんが(^^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。