スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円谷ジャングル

  • 2008/08/29(金) 17:40:43

嫁さんの強い希望でピンボケ写真を掲載しています

昨日、久々の休みなので子供を連れて円谷ジャングルに行ってきました
実はウチの娘(4歳半)はだいのウルトラマン好き
ウルトラマンに会いたい!」と、日々繰り返すので
大阪、八尾にあるショッピングセンターまで出向きました。

音楽とともにウルトラマンレオが現れると娘は僕にしがみ付きます
「怖いの?」と聞くとうれしそうに「恥ずかしいの!」
うーん・・・ホントに好きなんだな?

レオが踊るのにあわせて娘も必死で踊っていました
連れて来て良かったなと心から思いました
・・・が、ぼく、あることに気付きました
レオのマスクからこぼれ落ちる大量の汗

中ではもしかしたら失神寸前の暑さなのかもしれません
って言うか、中で溺れたりしないだろうな!?
と心配するほど、ダラダラと汗が滴っています。
それでも、レオは最後までダンスを踊り切り
最後に子供たちと記念撮影までこなしていました!
「有難う中の人!」

帰り際に近所の叔母さんと思しき人の会話が耳に入りました
「今日の人は良かったねェ。よく頑張って色々やってくれたねェ。」
やっぱり、中の人によってステージの出来は違うんだな?
帰りには下の子がレオのソフビ人形を買って
上の子が空飛ぶセブン人形を買っていました

処で、中の人。
時給はいくら位なんでしょう?千円以下なら安すぎですよ!
もっとあげてください!円谷さん!

下は、本邦初公開!
ウチのチビたちのコレ買って?の画像ですD1020039.jpg

スポンサーサイト

蓑虫のバッグ!

  • 2008/08/26(火) 17:37:11

今日は昔からのなじみのお客様が二人来られて
(二人ともこの町で暮らす長老級の方)
昔話に花が咲いていました(^^)
「最近ヘビが出なくなったね?」
「昔、水車小屋の処で・・・」

今からは想像出来ないこの町の過去を知る
またとないチャンスだったのですが、
僕と着付けの先生の耳について離れない単語がありました
「蓑虫のバッグ」

ミノムシですか!?」  「あの木にぶら下がっている?」
と思わず聞くと、 「風合いがあって丈夫でネェ」
と、お二人ともなんだか懐かしそう

僕も子供の頃に中身を出すのに苦労した経験があるので
ミノムシの蓑の丈夫さは知っていますが・・・まさかバッグ??

お二人が帰られてすぐに検索してみるとありますあります!
オークションやブログにアンティックとして載っているではありませんか!
なんと、草履まで!コレはどう見ても新品のような??
参照:キモノノコトなど ・糸巻きパレットガーデン

昔はこういった自然の素材を大事に利用していたんですねェ
売れるかな?コレ?
って言うかどこで仕入れるんだろう???
ミノムシに詳しい方いらっしゃったら是非ご一報下さい

やっぱ、愛!・・・かな?

  • 2008/08/22(金) 17:38:18

出来れば拡大してご覧下さい
この写真、ごらんのように古い浴衣なんですが
実は、お襦袢を作る寸法取り用にお客様から預かったモノなんです
で、何がどうなん!?ッて感じでしょうけど

中央まっすぐに伸びている縫い目にご注目下さい
かがり縫いしてありますよね?
この場所は背縫いなので本来こんな手間の掛かることはしません。
背中をまっすぐに縫ってハイそれまでよ?♪が普通なんです

気になったのでご本人に伺ってみましたところ、
やはり、お母様の手縫いだそうです
おそらく洗った後、アイロンなどが掛けやすいように
もしくはたたんだ時にシワになりにくいようにとの
気遣いから丁寧に縫ってあるんです
因みに上手に縫ってあるので表地にも一切影響はありません
(写真下部のひっくり返してある部分参照。)
写真に写ってない部分ですが、前身頃と襟下部分の余り布も
綺麗に上まで縫いとめてありました

ウチの和裁の先生も見てビックリしてました
「こんな手間の掛かること、ようやるわ?!」って

これぞ、娘が後々苦労しないようにと思いやる
愛のなせる技でしょう
商売ではとてもココまでは・・・やれって言われれば遣りますが(^^)
関西以外の地方ではいかがでしょう?
仕立て方法って違うのかな???

久しぶりにキモノの話

  • 2008/08/17(日) 15:43:49

皆さんご無沙汰しています。
タダでさえ更新が遅いのですが、3日ほど前に指を切りまして・・・
左手とはいえやりにくいモンデスネ?
10年ぶりくらいに包丁で切っちゃいましたョ

で、今日は久しぶりにキモノの話です
皆さんも「仕立て上がり」ってご存知ですよね
洋風に言うプレタポルテでしょうか?

最近急いでいるからと、仕立て上がりの御襦袢を
お買い上げになる方が続いて来られたのです。
コレが結構よくあるんですよ
「急にお葬式が入って襦袢が見つからなくて!」
とか、「留袖と一緒にしまってあったはずなのに!」
確かに必要ですし、お急ぎの方はしょうがないですよね

で、困るのは寸法なんですよ。
プレタものってL寸とM寸位しかないでしょ?
着物ならいざ知らず、お襦袢は男女を問わずおはしょりをしない
つい丈で着るものですのでちょっとした違いで
丈が長すぎたり、裄が短かったり・・・
中でも一番困るのが袖丈。
現在の標準寸法とされているのが1尺3寸(約49cm)
なので、きものの袖丈が少し長い方だと
動くたびにピョコピョコ袂からはみ出したりして緊張感も倍増です。

しょうがないんですョホントに・・・でも、
出来るなら早めにご準備して一式揃っているか確認してください
楽しくキモノを着る為にもお願いしますm(--)m

今年の成果

  • 2008/08/08(金) 17:53:56


今年は娘も金魚すくいがずいぶん上手くなったようで
こんなに家族が増えました。
去年からの年越し組はかなり大きくなってしまい
一緒にするとすぐにちょっかいを出すので暫くは
別居状態を続ける予定です。

この数をたらいでキープするのは結構大変で
毎日二回水の総入れ替えをしています。
もう暫くしたら、大きい方の年越し組の金魚たちは
田舎の池に放流して、この年少さんたちを
水槽に移す予定ですしかし今年は数が多いなw(X?X)w
これ以上増えたらバケツじゃないと対応できないかも・・・

試してみました!

  • 2008/08/04(月) 16:07:23


以前ご紹介していた「オモローな下駄」試してみました。
場所は宝塚武庫川の河原
花火大会に履いていきました

結果から言うとやっぱりかなり良いです!
履き心地はやわらかく足に馴染みますし
思ったほど石がミゾに詰まったりもしませんでした
履いてみて、子供を抱えたり追っかけて走ったりもしましたが
使用に問題は全くなしでした

思ったよりも下駄らしい音もしますし
痛んだり弱ったりしませんでした

難点を挙げるなら
靴のように履きやすいのに下駄の硬さがあるので
調子に乗って歩きすぎカカトが痛くなりました
カカトだけウレタンを厚くするとさらに良いかも・・・
とは言え、普通の下駄と比べると別次元の履き心地でした。
来年は販売用も仕入れるぞ!
皆さんも見かけたら是非試してみてくださいね?♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。